理事紹介:伊佐野 建 理事(鹿島オーストラリア)

理事紹介:伊佐野 建 理事(鹿島オーストラリア)

メルボルン日本商工会議所の皆様

Kajima Australia Pty Ltd(鹿島オーストラリア)の伊佐野と申します。昨年3月、前任の梅原が米国に異動したことに伴い、メルボルン日本商工会議所の理事職を引き継ぎました。どうぞよろしくお願いいたします。

昨年は、サッカーワールドカップでの日本代表の活躍など嬉しいニュースがありましたが、約1年前に突如始まったロシアのウクライナ侵攻や、安部元首相銃撃事件などショッキングな出来事もありました。また、新型コロナによる行動規制の緩和で経済の正常化が期待されましたが、32年ぶりに150円台を記録した急激な円安、主要国の金利上昇、物価の高騰などもあり、本年も依然として先の見えない状況が続いています。
弊社は2015年2月に鹿島建設の100%子会社として発足しました。現在、アイコン建設社を通じて豪州・NZ・太平洋島嶼国での建設事業を展開している他、アイコン開発社による豪・NZでの不動産開発事業も手掛けております。また、シナリオ社およびコクラム社を通じ米国や中国でコンストラクションマネジメントやテーマパークの特殊内装事業にも取り組んでおります。現地に根付いたローカル企業として事業を展開していますが、鹿島グループとして付加価値の高いサービスの提供を目指しています。

私自身は、技術研究所の構造エンジニアとして鹿島建設でのキャリアをスタートしましたが、その後、国内外の建築現場で施工管理を担当し、2017年6月に米国からメルボルンに異動して参りました。東京・三鷹の出身ですが、入社3年目以降は国内外での異動が多く、これまで家族で15回の引越しを経験して、気づくとメルボルン駐在も5年半を超え、入社以来最も長く住んだ都市となりました。

今年の楽しみは、3月のWBC、8月のブダペスト世界陸上(ハンガリー)と、9月から10月にかけてフランスで開催されるラグビーワールドカップです。日本の選手・チームを応援するのはもちろんですが、世界大会では豪州・ニュージーランドの活躍にも注目しています。

微力ながら、商工会議所や日本人会の活動を通じて、日豪友好関係の更なる発展に貢献できるよう尽力いたしますので、引き続き、皆様のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

(Visited 626 times, 1 visits today)