西澤会頭挨拶:メルボルン日本商工会議所 年次総会

西澤会頭挨拶:メルボルン日本商工会議所 年次総会

双日豪州会社の西澤でございます。

昨年7月の年次総会にて第45代会頭職を拝命して以来、会員の皆様から頂戴しましたご指導・ご協力に対し改めて御礼を申し上げます。

この1年、緒先輩が築かれた商工会議所の伝統を継承し、会員皆様の利益を図ること、日本・豪州の健全な経済発展に寄与することを念頭に、様々な場で会員の皆様や他団体との交流を行って参りました。昨年9月全豪商工会議所として参加した北部準州合同ミッションでは初めてDarwinを訪問し、アジアの窓口としての同州のPotentialityを感じ、豪州に関しての更なる知見を得させて頂きました。また、第3回メルボルン夏祭り、Spring Gala Dinner,  日本語弁論大会、JCV 主催Japan Festival、そして会議所会員との各種懇親ゴルフ等数々のイベントへの参加により数多くの方々と知り合えたことは私のメルボルン駐在での大きな財産ともなりました。

本年は、日豪経済委員会設立50周年の節目の年でもあります。日本・豪州の経済緊密化が進む中で商工会議所の重要性はますます高まることになるでしょう。 今後の日本商工会議所、会員各社の益々の発展を心からお祈り申し上げます。1年間有難うございました。

(2012.7.26 談)

(Visited 112 times, 1 visits today)