理事紹介:高原 正樹常任理事(日本貿易振興機構(ジェトロ))

理事紹介:高原 正樹常任理事(日本貿易振興機構(ジェトロ))

皆様こんにちは。
今年6月に前任の中里から常任理事の役職を引き継ぎました、ジェトロ・シドニー事務所長の高原正樹と申します。
ジェトロは2010年3月末に、それまで1964年から46年間設置していたメルボルン事務所を閉鎖。現在、シドニー事務所がオーストラリア全体を管轄しています。メルボルンの拠点はなくなってしまいましたが、シドニーに駐在するものの、常任理事として引き続きメルボルン日本商工会議所の活動に貢献させていただきたいと考えています。

恥ずかしながら、オーストラリアに足を踏み入れるのは今回の駐在が初めてです。個人的な海外旅行好きが高じてこれまで50カ国以上を訪問していますが、なぜかオーストラリアには縁がなく、トランジットで通り過ぎたことがあるのみでした。
過去の海外勤務地はニューヨーク、上海、ヤンゴンの3カ所です。特に上海、ヤンゴンは注目を集めて毎日毎日多くの日系企業が押し寄せるよう時期にあたり、大きな波に圧倒されるばかりで物事をじっくり考える余裕もありませんでしたが、ここオーストラリアにおいては、成熟した2国間関係のもと、腰を落ち着けて事業をしっかりと実施する機会に恵まれたと考えています。

当地においては、オーストラリア企業の対日投資促進、日本の農水産品・食品輸出、日本の中堅・中小企業の海外展開支援の3つが事業の大きな柱になります。対日投資促進においては、特に日本のイノベーション創出に貢献できるような先進的技術を擁する豪企業の発掘に努めたいと思いますし、農水産品・食品輸出においては、昨年解禁となった日本産牛肉をはじめ、豪消費者の皆さんに日本食材の良さを分かってもらい、少しでも手にしてもらえるようにプロモーション活動を行っていきたいと考えています。また、日系企業の対豪投資は、人件費の高さから製造業はなかなか馴染まないかもしれませんが、所得が高い分、サービス分野等においては進出余地があると考えています。

2018年の統計によれば、訪日オーストラリア人観光客の一人あたり消費額は中国を抜いて初めて1位となりました。訪日観光客数は過去5年で倍増し、3人に1人は20代の若者で、長く滞在して宿泊や飲食等の「コト消費」にお金をかけるのが特長です。こうした日本での体験をもとに日本食品に手を伸ばしてもらい、また、企業関係者には日本への関心を進出意欲につなげるような活動を行いたいと思います。特に投資の関係においては、日本側の対豪投資ばかりが目立ちますが、少しでも多くの先進的な豪企業を日本に誘致していければと思います。

メルボルンは訪問するたびに街の美しさに魅かれます。機会の許す限り訪ね、皆様の活動に貢献させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

(Visited 109 times, 1 visits today)