理事紹介:湯浅 幹康 理事(トール ホールディングス)

理事紹介:湯浅 幹康 理事(トール ホールディングス)

みなさま、こんにちは。

TOLLホールディングスの湯浅と申します。本年2月より前任の若櫻を引き継ぎ、メルボルン日本商工会議所、日本人会の理事、および日本人学校役員を務めさせて頂いております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

過去2年以上に亘り続いたCOVID-19の影響がようやく落ち着き、ここメルボルンでも時折春を思わせる陽気の日も少しずつ見られ、国内外の移動に制限がない日常も戻る中、弊社も、厳しいロックダウン期間中にも、モノを動かしみなさまの生活を支える社会基盤の一つである物流企業としての使命を再確認させて頂き、今後これまで以上に弊社事業、各種活動を通じて地域のみなさまの安全・安心な生活に貢献できるよう努めて参ります。

さて弊社は、1888年に豪州の法人として運送事業からスタートしましたが、2015年に日本郵便が投資して以降は日系企業として、現在は「We move the businesses that move the world」をスローガンに、豪州を主要な市場としつつ、アジアその他地域へのネットワークを駆使して、運輸・倉庫を始めとするロジスティクスサービスを提供させて頂いておりますが、様々なデジタル技術を活用した昨今のサプライチェーン進化の中で、お客様とともに新しいニーズに合わせたサービスの開発を考えております。

私自身は、2018年12月に5回目の海外駐在先として当地に赴任致しました。これまで欧州、米国、アジアの3地域で生活し、多様な人種、文化、宗教などを通じて様々な貴重な経験をさせて頂きましたが、これまで訪れたことがなかったメルボルンでは、どこか欧州に似た街の雰囲気、緑の多さ、海や山の近さ、スポーツやイベントの豊富さ、食文化の豊かさ、そして何より人々の明るさ、大らかさなど、挙げればキリのない魅力を感じ、日々の暮らしの中でその豊かさを満喫しております。

今後も、メルボルン日本商工会議所、日本人会のみなさまと、日本・豪州の良好な関係をより一層発展させるべく、頑張って参りたいと思いますので、みなさまのご支援と、ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

TOLLホールディングス

湯浅 幹康

(Visited 131 times, 1 visits today)