監事紹介:大庭正之監事 (KPMG)

監事紹介:大庭正之監事 (KPMG)

皆様、

メルボルン日本商工会議所の監事を務めてさせていただいています大庭です。2012年10月からKPMGオーストラリアに赴任しております。KPMGでは、メルボルン及びシドニー地域を担当しております。私の場合、現地採用でオーストラリア赴任時に永住権を取得し、こちらで定年まで働ければと思っています。

オーストラリア赴任前は、米国のKPMGに勤めておりました。ニューヨークから海外生活が始まり、カリフォルニア州のサンフランシスコ・シリコンバレーを経て、中西部のオハイオ州の州都であるコロンバスまでの約25年間をアメリカで過ごしました。ニューヨークでは、コンサート、美術館などが気軽に楽しめ、カリフォルニアでは車を2時間ほど走らせれば、雄大な大自然が広がり、オハイオ州では四季の移り方で、季節のありがたさを知ることができました。

メルボルンは、食べ物も美味しく、治安がよいため安心して過ごせます。 町の歩道が広く、歩いていて非常に快適です。 年間をとおして、スポーツ・文化イベントが多く 全豪オープンテニスやメルボルンカップを観戦する機会がございました。まだ観戦していないイベントや行ってみたいワイナリーも多く、これから楽しみにしています。

監事としての主たる仕事は、年次財務報告の会計監査です。それ以外には、毎年、当商工会議所の主催で、税務・会計関連の日本語セミナーを開催させて頂いています。 今年6月11日(水)には、オーストラリア連邦予算案及びビジネス税制改正に関する日本語セミナーを開催する予定です。メルボルン日本商工会議所の目的の一つに会員の共通の利益を増進することがございます が、この観点から、監事として上記以外でもなんらかの貢献ができるのではと思慮しております。私が以前住んでいましたアメリカ各都市の日本商工会議所の活動に比べて、メルボルン日本商工会議所の活動は、非常に活発であるように思います。これも、今まで理事及び会員の皆様、諸先輩のご苦労があり、今日の商工会議所が築きあげられたものと存じます。

当商工会議所の会員の皆様は、グローバルな企業活動の中で、激しいビジネス環境の変化に対応すべく、日々多大な努力されておられます。そのような会員の皆様のさらなる発展のために、私自身も微力ながら、貢献ができればと存じます。皆様のご指導 ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 会員皆様の益々のご発展を祈念しております。

(Visited 228 times, 1 visits today)