理事紹介:向當 重夫 理事(クボタオーストラリア)

理事紹介:向當 重夫 理事(クボタオーストラリア)

皆様、こんにちは。 クボタオーストラリアの向當(こうとう)と申します。昨年7月よりメルボルン商工会議所の理事を拝命しております。何卒宜しくお願い申し上げます。

親会社である(株)クボタは大阪に本社があり今年創立130周年を迎えました。当社はクボタの子会社として1977年にメルボルンで事業を開始し今年で43年目となります。トラクターや建設機械に加え、日本では馴染みの少ない公園や庭用の乗用芝刈り機、レジャー用のUV(ユーティリティ・ヴィークル)といった製品を主に販売しております。昨年10月には子会社としてクボタニュージーランドを設立し同地での直接販売も開始しました。これまでに培った経験や技術を活かしつつ、オーストラリアやニュージーランドのお客様にご満足いただける製品の供給にこれからも努めて参りたいと考えております。

私自身の自己紹介をさせていただきますと、大阪生まれで大阪育ち、学校も会社も大阪でこてこての関西人です(駐在地まで大阪市の姉妹都市となりました)。海外は若い頃に欧州に3年半駐在したことがあり、メルボルンが20年振り2回目の駐在地です。2017年1月に着任し既に3年が経過しました。この年頃にしては珍しくゴルフはしませんのでその際はご一緒できないのが残念です。代わりにという訳ではありませんが学生時代に始めたテニスをこちらでも続けています。下手の横好きを地で行くエンジョイテニスですが、去年から当地のシニアトーナメントにも参加し始めました。今年は少しでもランキングをアップさせるべく週末は練習に励んでいます。

メルボルンに住んで3年経ちましたが比較的治安もよく、人々も基本的にフレンドリーで明るく、スポーツや文化的イベントも豊富でとても良いところだと感じております。実は前回の駐在地が、メルボルンを押し退け2年続けて昨年も「世界で一番住みやすい都市」NO.1に選ばれたオーストリアのウィーンでした。ウィーンもとても素晴らしいところですし、20年の時間差があり単純比較は出来ないものの、日本人にとっては圧倒的にメルボルンのほうが住みやすい都市(Livable City)だと感じています(あくまで個人的な感想です)。本年のメルボルンの第1位返り咲きを期待しつつ、新米理事ではありますが少しでも皆様のお役に立てるように頑張りたいと思いますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

クボタオーストラリア
向當 重夫

(Visited 179 times, 1 visits today)