Baker & McKenzie合同セミナー「贈賄・汚職防止に係るコンプライアンス」ご報告

 去る5月31日(木)、ベイカー&マッケンジー法律事務所共催による表題のセミナーを、近藤浩パートナー弁護士(東京事務所)を講師にお迎えし開催致しました。

 セミナーでは対岸の火事のように感じられがちな贈賄・汚職について、在豪日系企業が陥りやすい危険性を中心に、米国の海外腐敗行為防止法(F o r e i g n C o r r u p t P r a c t i c e s A c t )や英国の贈収賄防止法(U K B r i b e r y A c t )の影響、周辺アジア地域における法規制の概要、リスク及び留意点などを、豊富な資料を基に詳しく解説いただきました。

(Visited 186 times, 1 visits today)