理事紹介:藤岡 直樹理事(トヨタ自動車オーストラリア)

理事紹介:藤岡 直樹理事(トヨタ自動車オーストラリア)

皆さまこんにちは。トヨタ自動車オーストラリアの藤岡と申します。当地への赴任は2015年1月
ですが、本年1月より、前任の安田を引き継ぎ、メルボルン商工会議所の理事に加えて頂いてお
ります。この場をお借りして会員の皆様にご挨拶を申し上げます。

弊社は、1959年よりオーストラリアに進出し、来年で60周年を迎えます。これまで、事業の拠点
をメルボルンとシドニーの2大都市に置き、メルボルンでの車両製造と、豪州全土で地元の販売
店による販売事業を行なって参りました。しかしながら、昨年10月に、54年間のオーストラリア
での車両製造の歴史に幕を降ろし、本年1月に、メルボルンに本社機能を集約し、車両販売会社
として再出発をしております。

それに伴い、従業員数は4,000人から1,400人程度にスリム化し、製造事業撤退を発表した2014年
には、40人以上居た日本から派遣されている出向員・研修生数も、現在では、約10人となってお
ります。

豪州の自動車業界は、昨年末までに全てのメーカーが生産を終了し、日本、タイ、韓国等からの
完成車輸入による競争にさらされています。将来の「電動化」、「自動化」、「コネクティッド化」
といった新技術、またカーシェアにより、車両の保有から利活用の進展が進み、自動車業界を
取り巻く環境が大きく変化する中、弊社としても人々の「移動」に関わるあらゆるサービスを提供
する、「モビリティ・カンパニー」に変わることが必要で、それを豪州でも進めて行くことが、
将来に向けたチャレンジと考えております。

私個人としては、海外勤務は、中東のバーレーン(2000年~2002年)、南アフリカ(2005年~
2009年)に続き3回目になります。これまでの赴任地が新興国でしたので、それらの国々と比較する
と、メルボルンは、先進国であり、治安・生活環境とも大変素晴らしく、とても住み易い都市で
あり、家族ともども当地での生活を楽しんでおります。

テニス(全豪オープン)、ラグビー(AFL)、競馬(メルボルンカップ)等のスポーツが盛んなメル
ボルンは、F1に代表されるモータースポーツも人気が高く、自動車業界に携わる者として、オースト
ラリア人の情熱を感じています。

商工会議所の理事として、会員の皆様のお役に少しでも立てるよう、微力ではございますが努力して
参りますので、皆さまのご指導・ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

(Visited 112 times, 1 visits today)