セミナー報告:豪州連邦予算案およびビジネス税制改正案について (4/15)

セミナー報告:豪州連邦予算案およびビジネス税制改正案について (4/15)

4月15日、メルボルン日本商工会議所は、KPMGと共催で標題セミナーを開催しました。

セミナーではまず、日系企業ディレクター黒葛原氏より豪州経済及び財務状況についてご説明いただきました。その後、日系企業担当パートナー大庭氏より、インフラおよび気候変動/エネルギー予算などについてお話がありました。連邦議会総選挙を見据え、保守連合と労働党の政策を比較しながら詳しく説明していただきました。

続いて、KPMG税理士法人、オーストラリアデスク税務パートナー吉岡氏より、連邦予算案2019の税務上の注意点、日本企業への影響についてお話しいただきました。また、ここでも保守連合と労働党の政策の違いの説明があり、さらには、日本の税制改正についてのアップデートもしていただきました。

最後は、移転価格税務ディレクター楊氏より、移転価格税制等に関するアップデートをしていただきました。インバウンド販売会社の利益水準に関するガイダンス、ハイブリッドミスマッチ規定についての説明などがあり、企業が対処すべき点、留意すべき点をまとめていただきました。

セミナー後にはネットワーキングセッションが行われ、多数の参加者が遅くまで歓談を楽しまれて
いました。

(Visited 41 times, 1 visits today)