理事紹介:坂口 陽一郎 理事(小林ヘルスケア・オーストラリア)

理事紹介:坂口 陽一郎 理事(小林ヘルスケア・オーストラリア)

皆様こんにちは。この度、新理事を拝命致しました小林ヘルスケア・オーストラリアの坂口陽一郎です。2013年に小林製薬のオーストラリア現地法人の初代駐在員として赴任しました。新会社の設立、会社経営、家族との新生活とこれまで経験した事のない出来事が一気に押し寄せてこれまであっという間の時間でした。 

メガネクリーナClearwipe, 防寒カイロHot Hands といった消費財をスーパー、薬局に販売するビジネスですが、オーストラリアの生活者の皆さんに新しい生活習慣を定着させる仕事でもあり、自分自身が生活者になった事での3つの気付きは仕事及び、生活に変化を与えてくれました。 

1つ目はオーストラリアの新しいものへの寛容性。 

我々のようなオーストラリアでは一般的でない日本の製品、やり方にあえてチャレンジする会社に対しても寛容に受け入れ、協力してくれるお国柄、市場環境がありました。ユニークでニッチな製品をこれからも紹介し続けたいです。 

2つ目は新しい出会いから刺激。 

マーケティングに長けたオーストラリア人の友人、現地生活の長い日本人の社員、友人との出会い、助言は公私に渡り大変刺激を受け、新しい仕事のアイデア、アプローチを示唆してくれました。日本からの距離は遠くても、オーストラリア人口対比における日本人の比率の多さはお互いの文化、習慣、製品の浸透に良い影響があると考えています。 

3つ目はスポーツ大国オーストラリア。 

3人に1人は何か自身が打ち込むスポーツをしていると言われるオーストラリア。一時は私も通勤途中のスポーツ・ジムに早朝通って汗を流してから出社していました。息子達は週末に青い芝生のグランドで現地の子供達と冬スポーツであるサッカーを楽しみ、私も保護者としてグラウンドで見守る機会に恵まれ、他の保護者の皆さんに自社製品を使って貰い、様々な貴重な感想を頂戴しました。またゴルフをプレーしない私は週末に下手くそなサーフィンに興じています。毎回大量の海水を飲みつつ、波に揉まれるだけですが修行として取り組んでいます。オーストラリアでは年中、老若男女がサーフィンしているとは夢にも思いませんでした。筋肉痛のない月曜日には昨今物足りなさを感じています。 

我々の業界はコロナ禍を経験したオーストラリア含めた、世界の消費者の購買行動が大きな変化を遂げようとしています。歴史あるメルボルン商工会の理事の皆様からも様々な刺激を受け新たな気付きを得て、感性を磨きながら新たな局面を乗り切りたいと思っています。今後微力ながら日本企業の一つとして皆様と共にオーストラリア、日本の架け橋になれるように貢献して行きたいと思います。よろしくお願いします。 

小林ヘルスケア・オーストラリア 坂口陽一郎 

(Visited 169 times, 1 visits today)