理事紹介:大森康成理事(日本航空株式会社)

理事紹介:大森康成理事(日本航空株式会社)

日本航空株式会社の大森康成と申します。
今年5月末にメルボルンに赴任し、商工会議所の理事を務めさせていただいております。
この場をお借りしまして、ご挨拶を申し上げます。

弊社とオーストラリアとの関係は、1965年に始まりました。 
1965年9月にシドニー営業所、1967年5月にメルボルン営業所を開設しました。自社便の運航でいえば、1956年のオリンピックメルボルン大会の選手団を臨時便で輸送したことが最初となります。また、定期便としては1960年9月から東京=香港=マニラ=シドニー路線が最初のオーストラリア路線となります。その後50年の間に、ビジネスと観光需要に応じブリスベン線やケアンズ線など多くの路線の開設と廃止を経験して参りました。

メルボルンに話を絞りますと、1989年7月にカンタス航空との共同運航便(カンタス航空による運航)として、東京=アデレード=メルボルン=東京の運航を開始しました。その後、運休と再開を繰り返し、メルボルンの皆様の期待に十分にお答えすることができませんでしたが、2017年9月より改めて東京=メルボルン線を開設させていただきました。定期便として日本航空の翼で運航するのは初めてのことであり、多くの皆様からいただきましたご支援に改めまして御礼申し上げます。

私自身、空港での勤務は3度目となります。
1度目は新入社員として伊丹空港で国際貨物を、2度目は直近5年間に中部国際空港で航空機搭降載・貨物上屋ハンドリングの経験をしました。そして3度目の今回は、メルボルン空港で当社便運航の責任を担います。お客様に最高のサービスを提供するとともに、地域代表として地域社会の進歩発展に貢献して参る所存です。

赴任して早4ヶ月が過ぎ、私、妻、娘もようやく生活に慣れてきたところです。
新しく獲得した習慣として、オーストラリアの白ワインを飲み、庭の芝刈りをしています。今になってようやく、ももたろうのおじいさんの気持ちが分かるようになりました。

商工会議所・日本人会の理事を拝命するのは初めての経験です。日豪関係のさらなる発展と、商工会議所・日本人会の会員の皆様のために微力ながら尽力して参りますので、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

(Visited 332 times, 1 visits today)