理事紹介: 土屋隆常任理事(日本貿易振興機構)

2011年4月に児山の後任としてジェトロのシドニー事務所に赴任して参りました。ジェトロのメルボルン事務所が2010年3月をもって36年の歴史に幕を下ろした際に、メルボルン日本商工会議所各位のご厚情により引き続き常任理事という大役を引き受けさせていただけることになりました。ありがとうございます。今般、小職がその任を受けさせていただいております。

小職は、メルボルンには1994年に出張で数日滞在しました。しかし、当時のことは、トラムに乗ったこと、クック船長の小屋に立ち寄ったこと以外は覚えておらず、今回参ってみて、その街並みが、昔ニューヨークに駐在していた際に出張した米国建国の当時の風景を残すボストンやフィラデルフィア似て歴史にあふれた趣のあるものであり、改めて親しみを感じました。メルボルンを中心とするビクトリア州は豪州の製造業の中心地であり、日本のメーカーさんも集積しており、活躍されていると伺っております。空前の資源ブームに沸く豪州であり、経済成長も先進国の中では際立っているところですが、国内市場は人口が東京都と神奈川県を合わせたほどの規模で、かつ中国ほかアジア諸国との競争が厳しさを増しています。そんなチャレンジングな状況下で健闘されていらっしゃるメルボルン日本商工会議所の会員企業様に何とかお役に立ちたいと思っております。

シドニーに拠点があることから、貢献には限りがありますが、会員企業の皆様が活動する上で少しでもお役にたてるように理事会活動を通じて、連邦・州を取り巻く経済・ビジネス関連情報の提供に努めますので引き続きよろしくお願いいたします。

土屋 隆
ジェトロ(日本貿易振興機構)シドニー事務所 所長

「略歴」

群馬県高崎市出身。現在、家内とNorth Sydneyに在住。(2人の子供は成人して日本)

趣味は映画、軽音楽鑑賞。野球観戦。ゴルフは下手の横好き。

1975年ジェトロ入構。海外は、ニューヨーク、バンコク、シカゴに次いでシドニーが4か所目。直前は本部(東京)で途上国の輸出産業育成の支援に従事。

(JCCIMニュースレター2011年9-10月号に「巻頭言として」掲載)

(Visited 87 times, 1 visits today)