Spring Gala Dinner 2017のご報告

Spring Gala Dinner 2017のご報告

先般メルボルン日本商工会議所は、ビクトリア州豪日協会、メルボルン日本人会と共催で、10月20日(金)、クラウンタワーRiver RoomにてSpring Gala Dinnerを開催致しました。

今年は去る5月に着任された松永在メルボルン日本国総領事の歓迎会として開催、出席者数は過去最高となる246人となりました。

まず初めは、豪日協会合同議長であり、豪日交流基金理事長でもあるマレー・マクレーン AO が開会の挨拶を行いました。

次にマクレーン合同議長より草賀大使が紹介され、大使にご挨拶いただきました。

ご挨拶の中で、大使ご自身のオーストラリアとの関わり、近年の日豪交流の深化について触れられ、特に今年7月の安倍首相豪州訪問の際に見たターンブル首相との親密度を示すエピソードなど、ユーモアを交えながらお話しいただきました。

 

その後は、メルボルン日本人会 村上会長に乾杯の音頭を取っていただきました。


村上会長は、過去赴任した5か国での「乾杯」をそれぞれの現地語でご紹介いただき、最後に日本語で乾杯となりました。参加者とのユーモアあふれるやり取りに、会場は爆笑の渦となりました。

和やかな雰囲気で乾杯が終わった後、前菜が運ばれ、コース料理が始まりました。前菜の後は、いよいよ本日のメインスピーカーである松永総領事のご登壇です。

ITのバックグラウンドをお持ちの総領事は、プレゼンテーションツールを駆使し、ご自分のお名前の説明、経歴、印象に残る仕事などを軽妙な話術と画像で紹介されました。特に、日本の一般的なホテルの部屋を例に、どのように豪州産の材料や製品が使われているかを数字を使って解説され、豪州と日本の関わりを可視化いただいたのは非常に興味深かったです。

メインスピーチの後は主菜が運ばれ、フィレステーキまたはバラマンディに舌鼓を打った後、Spotlight Performanceが始まりました。今年はBrandon Leeさんによる琴と、Lindsay Duganさんによる尺八の演奏でした。お二人とも、日本の楽器に魅せられ、日本で修行し、こちらで日本の伝統音楽を普及させるべくご尽力いただいている方たちですが、そのような能書きなしでも充分楽しめる、非常にクオリティの高い演奏でした。

 

演奏の後はラッフルとドアプライズの抽選でした。ラッキーな当選者はJALプレミアムエコノミーの往復航空券、ミズノのゴルフバッグ、温泉利用券など豪華賞品を手にされました。

最後にメルボルン日本商工会議所 竹部会頭の閉めの挨拶がありました。本会へのご参加、ご協力へのお礼が述べられた後、2018年2月25日に開催するメルボルン夏祭りの会場であるフェデレーション・スクエアで会いましょう、との言葉で締めくくられました。

公式な夕食会はここでお開きになりましたが、その後も遅くまで、大勢の方々が残り和やかに談笑を楽しまれていました。

たくさんのご参加に、心より御礼申し上げます。

写真提供:www.tallzeebaa.com.au

 

(Visited 143 times, 1 visits today)