エディントン卿 旭日大綬章を受章

エディントン卿 旭日大綬章を受章

長年豪日経済合同委員会会長を務めておられ、2012年春の晩餐会では主調講演者としてお話しいただたエディントン卿(サー・ロッド・エディントン)に対し、先頃旭日大綬章の受勲が決まり、在メルボルン日本国総領事館に於いて6月4日に勲章伝達式が行われました。

エディントン卿が受勲された旭日大綬章は旭日章の最高位であり、過去のオーストラリア人としてはロバート・メンジーズ元首相、ホィットラム元首相、ジョン・ハワード元首相などが受章しており、大変名誉のある勲章です。

当所からは高田副会頭、大野理事、赤木理事、團理事が式に参列し、日豪EPA交渉の中心的役割となり両国経済の発展に尽力、文化・人的交流の深化に努められたエディントン卿の栄誉をお祝いしました。

勲章伝達式についてはThe Asian Executive誌  https://theasianexecutive.com.au/ に詳しい記事が掲載されています。(写真提供 The Asian Executive誌

Asian Executive Article

 

(Visited 197 times, 1 visits today)